トップページ ニュース 【グローバル通信 vol19】日越医療サービスの事業提携における三社間MOU締結のお知らせ

Newsニュース

2019.12.04 その他
【グローバル通信 vol19】日越医療サービスの事業提携における三社間MOU締結のお知らせ

Doctor B&H(ハノイ)、株式会社ミクセル(広島)、株式会社ウォンズ(愛媛)の三社は、ベトナム人を対象として日本の医療総合病院で人間ドック検診から治療、定期メンテナンスまでワンストップで提供できるサービス構築の基本協定を締結しました。

外国人を対象にした医療ツーリズムサービスは日本国内でも徐々に普及をしていますが、個人クリニックが受け皿となるケースが大半のため、健康診断後に治療が必要なケースが出た場合に十分な医療サービスが提供できない課題がありました。

Doctor B&Hのリン社長は、すでにベトナム国内でVIP顧客を対象にした日本への美容・健康の医療ツーリズムサービスを展開していますが、対象顧客から日本での品質の高い医療検診と治療についてのサービスを多く求められるようになり、日越のビジネスマッチングで実績のあるウォンズ社へ日本国内のビジネスパートナー探しを要請することになりました。

ウォンズ社は、日本国内にて医療ツーリズムサービスの市場調査を行った結果、検診から治療までのワンストップサービスの必要性を感じ、その最適なパートナーとしてミクセル島社長へ打診をした結果、島社長は三社間連携のシナジーと社会貢献性、自社の理念価値との親和性、ビジネスモデルの将来性を感じ、その要請に応じる流れとなりました。

今後、三社にて協議と事業検証を重ねて、正式リリースに向けた協力を進めることになります。

Doctor B&H
ベトナム国内で日本への主に美容・健康の医療ツーリズムサービスを展開中
   
【株式会社ミクセル】
日本国内の大学総合病院への医療支援事業や医療介護を中心としたヘルスケア事業を展開中
 
【株式会社ウォンズ】
日越の投資促進支援事業、ビジネスマッチング支援事業、ビジネスモデル構築支援事業を展開中

今回のMOU締結にあたり、ご支援とご協力をいただきました皆様、誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。