トップページ ニュース 【グローバル通信 vol12】医療ツーリズム事業サービスのビジネスモデル構築

Newsニュース

2019.10.18 その他
【グローバル通信 vol12】医療ツーリズム事業サービスのビジネスモデル構築

ベトナム医療サービス提供会社B&H皆様と医療ツーリズム事業サービスのビジネスモデル構築について3回目の打ち合わせを行いました。

医療ツーリズム事業は、日本とベトナム両国の医療機関からも人間ドックを始めとしたインバウンド事業や、医療技術や人材移転のアウトバウンド事業として、非常に注目されている分野です。

東南アジアのこの分野はシンガポールが主流でしたが、需要過多でサービスレベルが落ちています。このチャンスに日本の医療機関皆様へ海外ビジネスへのチャレンジを応援したいです。

日本側は株式会社ミクセルの島社長はじめ、幹部皆様から市場調査や貴重な情報提供についてご協力をいただいています。

ミクセルの経営理念、社員皆様を中心とした経営資源、企業としてのコアコンピタンスで、ミクセルにしか提供できないサービスになると確信しています。

人々の健康と社会発展が循環する日本の医療技術やホスピタリティを活かせるビジネスモデルに仕上げていきたいです。