トップページ ニュース 【グローバル通信 vol14】来春開催:日本人投資家向けセミナー合同勉強会

Newsニュース

2019.10.28 その他
【グローバル通信 vol14】来春開催:日本人投資家向けセミナー合同勉強会

ベトナムハノイにて、VNDIRECT証券の各セクションリーダー皆様とWONSメンバーで、来春に開催の日本人投資家向けセミナー合同勉強会を開催しました。

VNDIRECT証券は2006年設立ながら、現在ハノイ証券市場で2位、ホーチミンとUPCoM証券市場で3位と堅実に実績を上げることで顧客が増えている証券会社(運用資産額:22USD)です。

今回は株式投資、社債、ファンドの3ジャンルの投資分野についての勉強会でした。

ベトナムの証券取引市場では約1,000社ほどの株式銘柄の売買が出来ますが、VNDIRECTの取り扱い銘柄は、専門チームにて厳選された50社の銘柄のみ取り引き商品としてお客様へ提供しています。しかし、その50社で証券取り引き全体の7~8割を締めている状態です。
ベトナムの証券市場では、デイトレ(8割)、長期トレード(2割)の比率ですが、VNDIRECT証券ではスイングトレードを推奨しています。
欧米投資から投資されている企業は、経営も信頼され、成長が見込まれているので初心者はそういった銘柄からスタートすると良いそうです。

社債については、リスクが少ない取引をしたい顧客向けの売り戻しロック期間のない安心のVボンド(年率8.2%)と、中級顧客向けで売り戻しロック期間(3 24か月)でハイリターン式のDボント(年率9.3%)があります。
どちらも、日本国内の銀行金利0.01%や社債年率0.05%などと比較すると、年率も売り戻り期間も投資商品としては大変魅力だと思います。

投資ファンドに関しては、VND アクティブ運用投資ファンドが国債・社債、金融商品・上場有価証券、株式公開準備・デリバティブで分散投資運用を行っています。ホーチミン証券取引所、ハノイ証券取引所、UPCoMの合計で1,500超の銘柄からポテンシャルが高い60銘柄を選び、さらにファンドポートフォリオとして2030の銘柄に厳選されて運用されています。
NAV
成長率は、過去1年間5.3% 1か月1.5%の実績です。

VNDIRECT証券の強みは情報公開性です。
アナリストによる毎日、週間、1ヶ月、四半期、半年、一年と周期によるレポートが顧客へ提供しています。
また、社内14名のアナリスト、マーケティング専門家で開催する投資協議MTGは公開式で、一般顧客も見学ができる仕組みになっているところも魅力です。

来春に向けて、まずは私自身がVNDirect証券からアドバイスを受けながら個人、法人で資産運用をいたします。実際に成果も上がり、良いサービスと実証されれば、最終的に日本の皆さんへご案内できるようにVNDIRECT証券のマーケティングのご支援をする計画です。

日本の皆様へ投機目的ではなく、労働収入以外の資産形成の知識やノウハウや情報を伝えられるようにビジョンと志を持ってプロジェクトを進めてまいります。

FIマネージャーMs. Phuong、法人顧客兼外国人顧客部門 ディレクターMs. Lan Anh、調査研究部門 副部長Ms. Hien、証券サービス ディレクター(個人顧客担当)Mr. DuMs. Giang:、素晴らしい勉強会を開催いただきありがとうございました。

これからもビジネスパートナーとして、どうぞよろしくお願いいたします。