トップページ ニュース 【グローバル通信 vol3】日本の投資家向け カントー地方の撮影取材に行ってきました

Newsニュース

2019.07.18 その他
【グローバル通信 vol3】日本の投資家向け カントー地方の撮影取材に行ってきました

7/18から5日間、カントー投資促進情報サイトの取材と撮影を行ってまいりました。

カントー投資促進センターからスタートし、カントー大学、短期大学、研究施設、港湾、日本ベトナム工業団地、そのほかの行政機関やカントーを代表する企業のトップインタビューなど、2グループに分かれて、打ち合わせや様々な投資環境をしっかり撮影し、日本へのプロモーション準備をしました。

カントー=メコンデルタ2000万人の市場ですので、将来的に労働力としてもマーケットとしても大変魅力です。

そして強みは様々な行政機関、教育機関、医療機関など、縦横柔軟に連絡や協力を取り合い、課題に対しても組織間で協議しあい、臨機応変なサポートできる体制があることです

カントーの精神文化は、信頼関係を最も重視し、人を大切にします。組織上層部の方々は誰にでも分け隔てなく接するため、次世代の方々の誰もが目上の人を敬う心を持っています。
来客者を大切にもてなし、ご縁を大切にされます。 インフラ整備や人材育成の課題はありますが、伸び代がたっぷりあり、投資環境として大変魅力のあるエリアです。
ウォンズは、カントー投資促進センター内にジャパンデスクとなる駐在所を設置させていただけることで、さらに日本との連携を図りやすくなり、シームレスな情報提供や情報交換を可能にします。
カントーの人々は精神文化を大切にするため、私たちウォンズは魅力だけではなく、現在の課題とその解決への取り組みも誠実にお届けしていきます。

これからにご期待ください。